映画評:海賊と呼ばれた男

0

    わたしはなぜか岡田くんの映画を観てしまいます。今回は「海賊と呼ばれた男」です。

     

    2013年本屋大賞を受賞した本の映画化です。スクリーンはお正月ということもありほぼ満員御礼状態でした。

     

    老若男女、たくさん方が観ていて、泣かせる場面もいくつもあり、時折すすり泣く人もいました。という私もあと少しで涙が「ポロリ」寸前。

     

    映画を観る前に本を読んで行くべきか、読まずに行くべきか、いろいろ意見のあるところですが、映画「海賊と呼ばれた男」は間違いなく本を読んで行くべき映画だと思います。

     

    戦前・戦後の出光佐三氏の生き方、感動の場面満載の本の内容を約2時間で納めるのはやはり少し窮屈に感じました。

     

    それでも映像から十分に伝わる戦後の日本人の不屈の精神に感動することができました。元気をたくさんもらうことができました。

     

    岡田くんのファンということで観た方もいらしたと思います。しかしきっかけはなんであれ、観た人は困難に立ち向かう勇気に共感したとのではないでしょうか。

     

    隣の席に座っていた老人が、映画が終わっても席を立たず、眼鏡を外してハンカチで目頭を押さえていた姿がとても印象的でした。



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 還暦プログラマーが挑むPythonの壁
      Kenji Goto
    • モバイルディスプレイ レビュー
      ドラえもん
    • 100円の価格差で始まる、身の丈を超えた食費支出の連鎖!?
      サイト管理人
    • 100円の価格差で始まる、身の丈を超えた食費支出の連鎖!?
      オヤジ
    • 信じ難い、就活会社から二度「門前払い」をくらったAさんの話
      サイト管理人
    • 信じ難い、就活会社から二度「門前払い」をくらったAさんの話
      ドラえもん
    • e-Powerで考える、エコカーは本当にエコなのか?
      管理人
    • e-Powerで考える、エコカーは本当にエコなのか?
      オヤジ
    • Amazonプライムで支出を楽しく抑える
      真野正彦
    • 蛇足なお話:「つぶれるお店の特徴」
      真野正彦

    links

    profile

    書いた記事数:142 最後に更新した日:2020/05/11

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM