Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ヤマハ2018年モデル YPJ−R インプレッション
0

    JUGEMテーマ:ロードバイク総合

     

    前回のブログ「ヤマハ発動機の電動アシストロードバイク『YPJ−R』は本当に素晴らしい!」でYPJ−Rを紹介しましたがチャリ仲間から「ちゃんとしたインプレッションをせい!」という要望と言うか、ご指摘と言うか。

    今回は完全に自転車という趣味のお話をさせて頂きます。

     

    自転車に興味のない方も是非「ふーん。趣味の自転車ってこういうものなんだー」と思って読んで頂けたら幸いでございます。

     

    YPJ−Rの概要は前回のブログで書きましたので省きます。その走りについてインプレッションをいたします。

     

    まず平地で「バッテリー半分で70Kmは走れる」という条件ですが、我が家の近くに「酒匂川左岸サイクリング場」という長楕円形のコース、1.62Kmをぐるぐる回った時の話になります。

     

    折り返しのカーブで約15Kmに減速、直線は約27Kmで走る感じです。

    そうなのです。YPJ−Rのアシストは時速24Kmでオフになります。「酒匂川左岸サイクリング場」の標高差は数メートル。ほぼ平地です。

     

    つまりアシストからするとカーブでのストップ&ゴーが対象で時速24Kmを超えるとバッテリーの消費は無くなるので、その条件で「バッテリー半分で70Kmは走れる」ということになります。

     

    ではわたしがいつも走っているサイクリングコースの折り返し地点、標高差約90mのコースではどうか。

     

    当然途中に信号やらアップダウンがあります。往復約35Km。風が少ない状態という条件でアシストモードを「スタンダート」(アシスト可能距離:22Km)で走ってバッテリーの消費量は40%くらいです。平均速度はわたしのいつもの流し速度で約25Kmです。

     

    ちなみにガチなローダーの方にとって平均時速25Kmは鈍足かもしれませんが、わたしはオヤジなのでそんなもんです。でも自転車の初心者ではなかなか出せない速度かと思います。

     

    つまり24Kmを超える走りが多いと当然距離が延びるわけです。従いましてYPJ−Rのアシスト距離についていろいろ批判されていますが、実態、わたしのようなロードバイク乗りにとってなんら問題のない性能だと思います。

     

    さてここで質問です。

     

    先に述べたわたしがいつも走っているサイクリングコースを走ると消費カロリーは減るでしょうか?増えるでしょうか?

     

    「減る」、ブー

    「増える」、正解です。

     

    これは意外な結果でしたがガーミンのセンサーで測るとなんと消費カロリーが25%くらい増えます。

    そして不思議なことに消費カロリーが増えても、疲れがとても軽いのです。

     

    なぜなのか、考えた末の結論は2つです。

     

    ・車体が重いこと。わたしのロードバイクの約2倍の重さ15Kg

    ・タイヤが25Cであること、接地抵抗が大きい

     

    この2つしか思いつきません。

     

    疲れがとても軽いとは具体的に言うとまず膝、足首の疲れがほとんどないことです。

    信号などでストップ&ゴーをアシストされることがその要因だと思います。

     

    YPJ−Rを買ったらタイヤを23Cに交換と思っていましたが「今はこれでいいか」と思っています。

     

    というのもアシストがかかる時、それなりの力が急にかかる時があります。25Cのタイヤというのは絶妙な選択なのかもしれません。

     

    さて乗り心地ですが正直腰の悪い人には少々辛いものがあります。今乗っているラレーのフレームはとても細いクロモリ製で、とてもしなやかなフレームです。路面の突き上げを見事に吸収してくれます。

     

    そのため買ったままのサドルでそのまま7年間乗っています。

     

    YPJ−Rのフレームはアルミです。めちゃ硬めです。わたしは標準のサドルでは耐えられません、速攻で交換しました。

     

    自転車を買うとサドル探しの旅に出る人がたくさんいます。フレームの硬さに自分の体、特にサドル部が合わず痛くなるからです。

     

    わたしの先代のB社のロードバイクですがフォークはカーボン、フレームはアルミ。めちゃくちゃ硬くて、サドル探しの旅に出ました。何個も買っては捨て、行きついたのがSMP社製サドル。

     

    そんな経験もあり速攻でSMPのサドルに交換。一気に問題解決です。

     

    それとペダルを先代のバイクに使っていたSPDペダルに交換。SPDとはスキー板のビンディングと同じです。

    ペダルとシューズが一体化します。一体化することによって踏み足、引き足の力でより効率的に楽に走れるようになります。

     

    余談ですが7年前のSPDペダルを探し出して状態を確認したら驚きです。なにも損傷がなく、7年前の状態そのまま。シマノのコンポの素晴らしさを改めて実感しました。

     

    あと完全にイマイチなのはボトルケージがないことです。それゆえサドルに2つのボトルケージを取り付けました。1つはツールボトル、1つはドリンクボトル用です。

     

    サドルにボトルケージを付けた場合、走行中の水分補給がとても不便というか危険です。

    わたしは停車してサドルにつけたドリンクボトルを外して水分補給をしています。

     

    夏場はかなりうっとうしいかもしれません。

     

    なぜバッテリーをシートチューブに取り付けなかったのか、ダウンチューブになぜボトルが付けられないのか、これは正直不満です。

     

    いろいろ書きましたが評価は★★★★☆です。

    新しい走りの感覚が楽しい!が正直な感想です。

     

    自転車とは全身運動であり、走行中は脳の機能の大半が使われると言われています。ボケ防止にもっともすぐれたスポーツです(わたしの仕事はボケだらけですが・・)。

     

    ロードバイクはウェアも入れると初期投資はかかりますが、一通り揃えたら後は2年に一度タイヤを交換する費用くらい。エコでとても楽しく、なによりストレス解消にもってこいです。

     

    あ、それとこれは助言ですが、最低でも15万円くらいのバイクを買うことをお勧めします。

     

    安いロードバイクがたくさん売っていますが、結局イマイチ感を感じてしまい買い替えることになります。わたしの助言を無視してそうなった人が何人もいます。

     

    何事も「安物買いの銭失い」なのです。

    posted by: 中高年の就活 ブログ(Powerd) | 蛇足なお話 | 22:30 | comments(0) | - |