内反小趾 外反母趾 防止の盲点と解消法

2019.08.23 Friday

0

    JUGEMテーマ:健康

     

    7月26日のブログ「内反小趾と膝の痛み 自己流治療の結果報告」でお話ししたように、わたしの内反小趾はほぼ完治しました。膝はもう一踏ん張りの状態です。

     

    しかし「完治したからもう大丈夫!」と安心はしていられません。またいつか再発するかも、という不安がよぎります。

     

    その不安とは「内反小趾と膝の痛み 自己流治療の結果報告」は主に外出時の対策です。現在、わたしは家で仕事をする機会が多くなり、そのため内反小趾が再発するかも、と言う不安です。

     

    家にいることが多くなると室内ではスリッパを履きます。当然足の先は広がり放題。この状態にあると再発するのではと考え、まず健康サンダルに変えてみました。

    結論は「全く効果なし」です。それはそうですよね。健康サンダルはイボイボが足底のツボを刺激することが目的で、足の広がりを防ぐわけではありません。

     

    そこでいろいろネットで探したところ、ありました、ありました。もともとは外反母趾に効果がありそうなサンダル。

     

    【送料無料】【予約:ネイビーM/L/パープル:M/グレー:M/L→9月中旬頃順次出荷】【AKAISHI公式通販】アーチフィッター601室内履きやみつき続出の室内履き!強めの足裏マッサージ刺激!オフィスにもおすすめ♪【P06Dec14】

     

    その名も「アーチフィッター」です。AKAISHI社が開発したサンダルですが、社長さんは保健学博士をお持ちの日本の会社、日本製です。

     

    製品の特長を観るとどうやら偏平足にも効きそうな感じがします。

    内反小趾になる方の大半は偏平足だそうです。わたしも偏平足です。

    少々お値段が高いですが購入してみました。

     

    「アーチフィッター」はとても売れているようで、わたしが欲しい色は9月になるとのこと。思い立ったらすぐ欲しくなるのがわたしの悪い癖で「ピングが在庫あり」。しかし「どうせ部屋履きじゃ、色なんて関係ねー」のノリでポチしました。

     

    紹介欄の雰囲気はレディースのような気がしましたが、これまた「そんなの関係ねー」。サイズがいろいろあり、あまり気にせずにわたしの足のサイズ、25.5cm(LLサイズ)で注文しました。

     

    久しぶりにワクワクしながら商品が届くのを待ちました。

     

    数日後「ピンポーン」音を鳴らして宅配便の方が届けてくれました。ハンコを押して玄関ドアを閉めると同時に梱包をビリビリ破り、すぐに履いてバンドをフィットさせます。

     

    なんということでしょう!サンダル底はまさに偏平足を治すがごとくの形状。そしてここからが大事なところ。サンダルのバンドはしっかりしたマジックテープになっていて適宜なテンションで固定できます。

     

    広がる足先をこのテンションが抑える感触がたまらない!

     

    またテンションがかかりつつも、履く、脱ぐ、のしやすさも快適、文句なしです。

    ちなみに我が家の財務大臣は外反母趾の初期症状。

     

    早速に財務大臣も履き、すぐに気に入ってしまい「これ欲しい!」と言ってなかなか返してもらえず仕舞。

     

    財務大臣の感想によれば「外反母趾に効果がありそう」とのことで早速買うことに決めました。もともと外反母趾予防向けに設計されているので恐らく効果はあるものと思います。

     

    少し時間をかけて効果を検証してまた報告したいと思います。

     

    わたしが内反小趾になった原因はブログに詳しく書きましたが、外歩きが多かった時の話で、室内が多くなると効果が低減します。これは盲点でした。

     

    AKAISHI社の「アーチフィッター」のおかげでわたしの内反小趾への不安は解消しました。

    ・・・今のところ

     

    全ての方に効果があるとは思いませんが、試してみる価値はあるかと思います。

     

    以上、ご参考まで。