Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
時事の話題:政府は年金受給開始年齢を引き上げる?
0

    最近、わたしのような中高年が集まると(飲みがほとんどですが)、必ずと言ってよいほど年金がどうなるかが話題になります。

     

    特に先月に片山さつき氏が座長を務めた「65歳以上のシニアの働き方・選択の自由度改革プロジェクトチーム合同会議」の中で年金支給開始年齢に幅を持たせ、60歳から70歳まで選べることができるような提言が行われました。

     

    この「70歳」が独り歩きして「年金は70歳になるのでは?」と不安論に変わって広がり、飲みネタになった気もします。

     

    確かに最近のお年寄りは長生きで元気です。男性の平均年齢も80歳を超えました。とは言え、65歳を超えて働くにはいろいろと制約があります。いわゆる働ける健康年齢です。

     

    まず、立ち仕事、宅配、倉庫のピックアップなどの肉体労働は65歳が限界でしょう。実際、非正規雇用を含めて募集は皆無です。わたしが生きてきたIT関係で現役を張るのは意欲の問題もありますが最長でも60歳でしょうか。

     

    では65歳以上で活躍している方々と言えば、経験と知識を生かせる得意技、技術を持った方が多いように思います。

     

    でもそのような高年齢で仕事に就くことが出来る方は、ほんの一握りで大半の方は60歳で定年、継続再雇用があればめちゃくちゃラッキーで、大半は非正規雇用でなんとかしのぎ、または資産のある人は取り崩し、どうにか年金支給年齢にバトンタッチしているのが実態ではないでしょうか。

     

    そんな中での今回の提言です。

     

    今回の提言について、なんとなくですが政府は年金支給年齢を70歳に引き上げの準備に入ったように思えてなりません。

     

    というのは厚生労働省のHPで国民年金の納付率が公開されていますが、様々な雇用環境の改善努力もあり国民年金の納付率は現在約70%です(ちなみに厚生年金の被保険者数も増えています)。

     

    しかし納付率だけでは安泰とは言えないと思うわけです。その理由の第一はやはり「少子化」です。

     

    「少子化」で財源が減るというのではありません。わたしが言う「少子化」は別の課題です。

     

    これからの時代、ロボット、Bot、ビッグデータ処理基盤を使った作業効率を格段に進歩させる技術が進歩し、わたしは「少子化」が進むことで課題となる労働人口減少の穴埋めは可能だと考えています。

    事業利益は働く人へより多く還元・再配分が行われ、財源はあまり困らないとも考えています。

     

    恐らく政府を支える優秀な官僚もそう考えていると思います。ゆえに「支給年齢を70歳に引き上げても大丈夫」と踏んでいるのでは?、と憶測してしまうわけです。

     

    仮にそうだとしてそこに落とし穴はないのでしょうか。

     

    仮に年金支給年齢を70歳に引き上げたとします。すると何が起きるのか。

    以下、ネガティブ思考が得意のわたしの想像です。

     

    まず年金支給目前の対象者は間違いなく悶絶します。でも日本人は我慢強い民族です。きっと多くの高年齢者はそこでへこたれず老体に鞭打って仕事をする、資産を取り崩すなどいろいろ他人を頼りにせずに踏ん張ると思います。

     

    しかし現実問題として、体と資産で賄いきれず、やりくりできない人達は生活保護に頼ることになるでしょう。

     

    そんな苦しい老後の状況を見て、少子化時代の若い人達は年金に対して疑問を持ちます。

    疑問が生まれればためらう”のは世の常、納付率が下がることは十分あり得る自然の成り行きです。何事も「形あるものは崩れる」ものなのです。

     

    他方、教育レベルが下がり、技術立国日本の地位が下がれば雇用環境は悪化するでしょう。当然非正規雇用が増え、納付率は平成14年度の60%台、それ以下になる恐れもあります。

     

    恐らくこれからの時代、雇用環境が大きく変わることでしょう。ならば社会保険について壁を取り払うことを考えたらどうでしょう。

     

    例えば、の話ですが、非正規雇用の最低基準賃金を引き上げ、選択肢として現金でもらうか、または企業に年金を含めた社会保険の加入をお願いし、その分は手取りから天引きする。

     

    これは当然、自己責任での選択になります。

    「そんな先のことを考えて、選択なんてできないよ」が大勢なのでしょうか。

    年金は老後の生活に不可欠な最後の砦。

    その選択を若い世代に求めるのは酷な話なのでしょうか。

     

    posted by: 中高年の就活 ブログ(Powerd) | 時事の話題 | 21:04 | comments(0) | - |