Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
日本を元気にする:日本車は世界無敵になる!
0

    かれこれわたしの日本車に対する40年間の疑問がネットの記事で解明しました。その記事とは6月22日に掲載されたWebサイト「オートックワン」の渡辺陽一郎氏の記事「C-HRのデザインも変わる?保安基準の改正で日本車がカッコ良くなる!?」です。

     

    この記事の中で6月22日に「道路運送車両の保安基準」の一部が改正されたことと、渡辺陽一郎氏の見解、「日本車がカッコ良くなる」が述べられています。

     

    渡辺氏の見解にわたしは全面的に賛同いたします。

     

    わたしはなにゆえ日本車のデザインが外車と比較してイマイチなのか、40年もの間とても不思議でいました。

    日本車はエンジン、トランスミッション、ハーネス、コンピュータなど自動車の性能を司る全てのパーツは世界最高水準の技術で製造されています。

     

    しかしながら心ときめくデザインにお目にかかることは滅多にありませんでした。

    デザインは人それぞれの感性ですので、以下は読者の皆さまとは、はなはだ見解が違うかもしれませんが、わたしの感性で書かせていただきます。

     

    古い日本車で「かっこいいなー」と思った日本車はGT-R、トヨタ2000GT、117クーペ、ピアッア、セリカリフトバック&ダルマ、RX-7など。

     

    最近の日本車では、やはりGTR、キューブ(オーテックバージョン)、レヴォーグ、WRX、C-HR、86&BRZ、レクサスのセダンなどです。

     

    わたしが好きなデザインを一言で言えばダイナミック、グラマラスでセクシーであること。

    外車でいえば例えばシトロエンのデザインはとても好きです。

     

    さてこれまでの日本車のイマイチ感は何かと言えば、見ていてデザインに個性がないこと。なんとなく大量生産しやすい、プレス加工しやすい形状で、コストを下げているのかな、という思いでいました。

     

    ところが「C-HRのデザインも変わる?保安基準の改正で日本車がカッコ良くなる!?」の記事に中で、その考えは大きな間違えで、なんと規制が原因だったことがわかりました。

     

    振り返ると4年前。イタリアに行った際に見た、石畳の道路にたたずむ1世代前のプリウスのなんとカッコの良いことといったらもう鳥肌ものでした。

    また台湾でたくさん見かけたトヨタのWishのカッコの良いことといったらもう。

     

    記事を読んで、わたしの経験でしかありませんが海外で見る日本車はとてもカッコが良いことを改めて思い出しました。

     

    実は日本の自動車メーカは規制の中で、デザインに関して、たゆまずに一生懸命努力と工夫を続けていたのです。

     

    韓国のヒュンダイ車のデザインはある時期からデザイン優先を第一にクルマ作りを進めました。ソナタ、ジェネシスなどかなりデザインが良いです。その効果は絶大で日本車の優位性を脅かす存在にまで成長しました。

    ただ様々な国の評価では信頼性・性能評価は日本車が優位を保っています。

     

    さあ、規制が緩和されました。車体性能世界一にも関わらず、これまで規制で苦しんできたカーデザイナの方々の出番です。

    自由に、ダイナミック、グラマラスでセクシーなデザインを創造し、日本車で世界を魅了して欲しいと思います。

    圧倒的な車体性能に、斬新なデザインが加われば「日本車は世界無敵になる」こと請け合いです。

     

    ただし冒頭に申し上げたようにデザインの好き嫌いは人それぞれです。

     

    白状するとわたしもそうでして、実は日本ではあまり人気のないアメリカ車のデザインが好きだったりします。

     

    というのもラスベガスで見たアメリカ車、それはもうカッコ良くて、以来一気にファンになってしまいました。街で見かけるアメリカ車をつい振り返って見てしまいます。

    残念ながら狭い日本ではあのボディの大きさと、燃費が悪いというイメージで受け入れられていませんが。もちろん我が家の狭いガレージに停めることは出来ません。

     

    結局のところ、世界には日夜勝ち残りを目指す競合他社がひしめいています。

     

    日本の自動車メーカはわたしが言うまでもなく、奇をてらうデザインではなく、真に良いデザインで「世界無敵」のクルマを世に送り出してください。

     

    その時がきたのです。応援していますよ、日本の自動車メーカさん達!

    posted by: 中高年の就活 ブログ(Powerd) | 日本を元気にする! | 21:01 | comments(0) | - |