Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
信じ難い、就活会社から二度「門前払い」をくらったAさんの話
0

    JUGEMテーマ:就職活動

    Aさんは中小企業の営業部長です。しかし長年勤めるも最近になり会社の方針と合わなくなってきました。幸いなことに様々な”ツテ”を持つAさんは転職を決意します。

     

    しかしAさんの年齢は50歳半ば。「中高年の就活」ハードルがかなり高くなる年齢です。Aさんは頼りの自分のツテと就活会社を使って転職活動を開始しました。

    まずはセオリー通り、メジャーな就活会社を選び会員の申し込みをします。

     

    その就活会社は会員登録時に簡単に自己アピール文を記載します。さて会員申請が終わり、翌日に就活会社からメールが届きました。

     

    そころが、そのメールには「あなたに紹介できる仕事はありません」と書かれていました。そこでAさんはアピール欄を直そうとログインするもなんとブロックされている状態になっていました。

     

    これがAさんの第1回目の「門前払い」です。Aさんは理由がわからず、アピール文の直すべきポイントもわからないまま途方にくれてしまいます。

     

    そこで私に相談がありました。相談は2つです。

    1つは上記のようなログインをブロックするような「門前払い」はあるのか。

    2つは一体何が悪かったのか。

     

    1つめの相談ですが、エントリー時に「門前払い」する就活会社などわたしは聞いたことがありません。

     

    「これは恐らく、余程アピール欄への記入が悪かったに違いない」とAさんに聞いてみました。

     

    すると、なんとAさんは就活にとって一番大事なアピール文に何を書いたのかあまり記憶がないと言うのです。

    その就活会社はエントリーシートの登録前に200文字で自己アピールをするそうです。恐らくその自己アピール文で就活会社は就活支援に値する人材なのかを判断をしているのでしょう。

     

    さてAさんは何を書いたのか正確な記憶がありません。「間違ったことは書いていない、変なことは書いていないはず」とは言いますが、何を書いたのかをわたしに説明できないため、改善のアドバイスをすることができません。

     

    記憶がないのには原因があります。それは事前にアピール文の下書きをせず、また熟慮せず、就活会社の会員登録時に必要な200文字を頭に浮かんだまま記入したことにあります。

     

    そこでAさんに日経BP社様のコラム、本ブログでも紹介した職歴欄の書き方を口頭で伝授いたしました。

     

    コラム、ブログで書いていますので詳細は省きますが、まず何を書くか時間をかけて考える。思いつくままに書き出し、共通項でグループ化する。そしてアピールの有効性順に並べて取捨選択をする。そして記入する。

     

    Aさん「わかった、やってみる」と素直に聞き入れ、数日後再度同じ会社に登録をします。そして翌日に就活会社からメールが届きました。

     

    なんと再びメールには「あなたに紹介できる仕事はありません」と書かれ、またもやログインするもブロックされている状態となりました。

    これが第2回目の「門前払い」です。

     

    こんなことってあるのでしょうか。読者のみなさんで同じ経験をされた方がいらしたら是非教えていただきたいと思います。

     

    再度連絡を受けたわたしは、アピール文を添削しようとAさんに「そのアピール文を見せて」とお願いをしてみました。ところがすっかり自信喪失、意気消沈のAさんは気恥ずかしいのでしょう。相談を受けることはありませんでした。

     

    その後、Aさんは違う就活会社にエントリーし、無事に登録を完了しました。しかしジョブマッチングがとれません。

     

    「中高年の就活」の厳しさを思い知ったAさんは再び現在の会社で頑張ることになりました。

     

    正直言いましていろいろありましたがわたしはAさんの「今の会社で頑張る」という選択は正しいと思っています。

     

    読者のみなさんの中にはAさんのように働きながら転職を考える方もいらっしゃるかと思います。

     

    転職すれば自分が思い描いた働き方ができると思ったら、それはかなり厳しいと言わざるを得ません。

     

    もちろん、明確な目的、強い意志を持ち、そして転職後にこれまで以上に実行力を発揮して目覚ましい成績を収めて転職に成功することもあるでしょう。

     

    しかし転職後に待ち構えているのは、大方これまで以上のエネルギーとストレス。

    もしもリストラなどの境遇でなければ、転職後にかかるエネルギーを今の仕事に傾け、踏ん張ることも大事なことだと思います。

     

    転職はバラ色ではなくイバラの道なのですから。

    posted by: 中高年の就活 ブログ(Powerd) | 連載:就活の進め方 | 09:42 | comments(2) | - |
    ブログを拝見しました。
    身につまされる様な話で、同じような経験をされた方がいらっしゃった事に衝撃を受けました。
    私もある就活会社にwebからエントリーしたのですが、二週間ぐらい経ち紹介できる事が出来ないと登録が出来ませんでした。
    他にハイクラス対象、大手就職紹介会社系のサイトには登録出来たのに不思議でした。
    また多くの事例を紹介して下さい。
    | ドラえもん | 2017/07/23 10:12 AM |
    ドラえもんさん
    貴重な情報をありがとうございます。
    やはりAさんのようなケースがあるのですね。
    ドラえもんさんも転職をお考えの様子。
    いろいろ天秤にかけて自分の進むべき道を
    見据えて慎重に行動してくださいね。
    何かあればいつでもお問合せ下さい。
    お待ちしております。
    | サイト管理人 | 2017/07/23 8:15 PM |