Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
時事落語:笑う門には福来る
0

     

    おや蓮さん、元気がないねぇ。どうしたんだい。なんか東北のうちの得意先の大きな仕事をとって商売繁盛じゃねーのかい。

     

    おやおや安さん、元気がねえってそりゃありませんぜ。こっちとくりゃ、安さんとこみたいにでかい商いじゃねえんでさ。たまたまですよ。ま・ぐ・れ。

     

    蓮さん、お互い同じ商いを長く続けててよ、まぐれはねーってこと、知らねーとは言わせねえよ。今回はやられたよ、次はそっちの得意先を取っちまうからよ。

     

    おー安さん、すまねー。でもよ。うちの先代があれだろ。こっちとくりゃ後始末もあるわ、それだけしてりゃあ母屋が傾くことになりやしないか、もーしんぺーで夜も寝られやしねえ。そんでよ、安さんの悪い噂話を広げてよ、安さんの得意先をとっちまった、本当にすまねぇ。

     

    ほー、そうかい。そりゃてーへんだったな。でもよ蓮さん。うちら同じ商いだ。潰し合いをいつまでしててもしょうがねー。ここらで、仲良くやりろーじゃねえか。

     

    安さん、その通りだなぁ、ありがてー、是非そうしてえよ。お互い悪口、昔話、自慢話をしたってしょうがねぇや。そうするとするかい。したら安さんよ、なにから始めとするかい。

     

    そうさなぁ。今のお国は黒船が来たり、火の玉が飛んで来たり、でも無用心だろ。まずは一緒に夜回りでもしねえかい。

     

    安さん、そりゃうちみてーな所帯じゃ人がいねーよ。

     

    そうかい、じゃあ蓮さん、夜回りのよ、順番とかよ、場所とかよ、頭を貸しておくれよ。

     

    安さん、申しわけねー。うちはよ、頭のいい奴は江戸屋に持ってかれちまってよ。それもできねーよ。

     

    蓮さん、そりゃぁひでー話だな。あのお江戸の江戸屋かい、蓮さんの足元をみられたんじゃねえのかい。ま、うちもかなりやられたしな。

     

    安さん、でーじょうぶだ、世の中そんな甘くねぇだろ。すぐにシッポ巻いて戻ってくるってすんぽうだぁよ。

     

    くー、こりゃさすが蓮さん、読みが深いねぇ。おう、前祝いだ、そこの篭池屋で一杯やらねえか。

     

    安さん、だめだ。おいらも、うちの連中も篭池屋にかなり通ったけどよ、人は見かけによらねーな。店主が悪りいことしてよ、お縄になっちまったよ。

     

    じゃあ蓮さんよ、角っこの加計屋にするかい。

     

    安さん、あそこはよ、お上の良からぬ連中がウロウロしてて、その良からぬ連中が若い娘をたぶらかしたり下手すりゃすられちまうって話だ。近寄らないてーのが世の常套よ。

     

    蓮さんはばかに世間に詳しいじゃねえか。あたしゃよ、黒船相手にあちこち行ってる間によ、蓮さんと同じだ、うちの石やんに足元をすくわれちまったよ。

     

    安さん、そりゃてーへんだ。どんな話しだい。

     

    おう、蓮さん聞いてくれるのかい。ついこの間のはなしだぜ。なんでもよ、おいらの人気がさがったらよ、悪口をあちこちの瓦板に張りまわってな、自分が主人になるって言うも同然つーわけよ。

     

    安さん、そりゃーまずいぜ、この蓮さんも怒るぜ。

     

    お互い注意しないといけねーな。

     

    お、小東っつあん、久しぶりだねえ。異国に行ったんじゃなかったのかい。おや玉林っつあんも一緒かい。今よ、お宅の蓮さんと話してたところよ。

     

    安さん、それどころじゃねえんですよ。蓮さん、あんたの丁稚らがもう我慢できねーって大騒ぎで、なんとあんた終いになっちまったよ。

     

    おいおい蓮さん、大丈夫かい。

     

    安さん、蓮さんはこの小東と玉林がしっかり連れて帰るから心配無用でい。しばしおさらばだ。

     

    おっと待った、蓮さん、小東っつあん、玉林っつあん。ところでさっきからよ、気になっていたんだけどな、おまえさんたちの背中に刺さってる、つーか、生えてるつーか、そのでかい「く」の字みてーな、羽のような腫物はいってーなんでい。

     

    安さん、なにいってんだい。そんなものはささってねーし、生えてもいねーよ。

     

    へーそうかい、俺にははっきりみえるけどなー、ちょっと町の衆に聞いてみるとしようや。

     

    おーい、皆の衆。みんな知っているよな。蓮さんと小東っつあん玉林っつあん。どうだい、背中に「く」の字の、なんかが生えているように見えやしないかい。

     

    おー生えているな。立派なものだなあ。こりゃあ日の本のものじゃ見かけねーしろものだぁ。

     

    おや、橋っさん、じゃないかい。どうだい、みえるかい。

     

    安さん、これが見えねーてのはかなり毒が回っているかもよ、あぶねーなぁ。きっと流行り病にちげーねー、くわばらくわばら。さわらぬ〜神に祟りなし〜ってな。

     

    蓮さん、小東っつあん、玉林っつあん、わりーこと言わねえ。背中の刺さりものが見えるまでゆっくり休んだらどうだい。

     

    てやんでえ、安さんよ、こっちとくりゃチャキチャキの左巻きよ。このすっとこどっこい、馬鹿にすんねえ。そんなものはねえんだよ。そっちこそ頭を冷やしたらどうだい。

     

    そうかい、ところで蓮さん、さっき約束した一緒に夜回りする話はどうするよ。

     

    安さん、しかしあんたはいつでも脇が甘いねえぇ。あんたもせいぜいあたしみたいに丁稚に足元すくわれないように気をつけねーといけねーよ。話はなしだよ。

     

    あちゃー脇の甘い蓮さんに、脇が甘いと言われるようじゃ世も末だ、しかし蓮さんはおもしれーな。お国の人じゃねーみてーだ(大笑)

     

    笑う門には福来るの一席でした。

    posted by: 中高年の就活 ブログ(Powerd) | 時事の話題 | 08:26 | comments(0) | - |