Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
中高年はビットコインを始めるべきか
0

    JUGEMテーマ:ニュース

     

    最近ビットコイン、いわゆる仮想通貨がニュースで取り上げることが増えています。

     

    特に「ビットコインを買ってXX万円儲けた、破産した」といった投資的視点での記事が多いように感じます。

     

    またネットでもいろいろ議論が繰り広げられ、ホリエモンは賛成派、ひろゆき氏は反対派、エコノミストも賛成派・反対派で議論しています。

     

    結論から先に言うとわたしは、中高年がビットコインを扱うことに反対です。

     

    技術論で話すとわたしのような元ITエンジニアでも説明が難しいビットコイン。

     

    ビットコインを技術的に説明するとP2P技術とブロックチェーン技術をコアにした仮想通貨。簡単に例えるとSkyeに決済機能を付けたもの、とでも言えば分かり易いのでしょうか。

     

    そんな事言われてもなかなか理解ができませんよね。

     

    そこでビットコインを技術論抜きで、メリット・デメリットで説明するとこんな感じになります。

     

    最初にメリットから。

     

    ・透明性が高い

    ・高い暗号化技術で保護されているので安全

    ・改竄は難しい

    ・通貨の送金手数料を激安にできる

    ・ビットコインを採掘できる

     

    ではデメリットはなんでしょう。

     

    ・ビットコインの価値が変動する

    ・見えざる手による価値の操作が可能

    ・損失などの補償は一切なし

     

    特にデメリットの「価値の変動」と「価値の操作」は、わたしは極めて問題だと考えています。

     

    最初に「価値の変動」についてです。

     

    ビットコインは国際通貨ではありません。ビットコイン以前にも同様な仮想通貨があり、現在更に投資用の仮想通貨をこしらえて資金を募るICO(Intial Coin Offering)という方法などが始まっています(ほとんどが詐欺目的と言われています)。

     

    以前わたしがブログで紹介した「10分で30万円が消失。『退職金をFXで運用』」はご法度」でお話ししたように通貨取引は危険が付きものです。

     

    わたしが散在した当時は円・ポンドは上下変動が高く、言い換えるとハイリスク・ハイリターン。レバレッジをかけると100倍の資金を動かせました。

     

    その取引で散財したわけですが、その円・ポンドでさえ変動幅は数パーセントでした。

     

    ビットコインにはレバレッジはありませんが、取引所で借りることができます。更に変動幅は1ビットコインが60万円から40万円になるなど国際通貨間取引では考えられない、常識外の振れ幅があります。

     

    さてなぜそんなに「価値の変動」が激しいかというと

    2つめの話、「価値の操作」が可能だからです。

     

    例えばビットコインの変動を起こす大事件を国家が目論みます。そしてその国家がその目論見に合わせてビットコインのポジションをとります。そして大事件が発生。

     

    これは「価値の操作」の一例ですが、それだけで価値は大変動をするわけです。

     

    その他、最近では中国が外貨の流出を止めようとビットコインに規制をかけたときに価値は大暴落しました。

     

    この2例だけで、わたしはビットコインを買う気は失せるわけです。

     

    さて先にあげたビットコインのメリットですが、ここにも落とし穴があります。ビットコインを手にするには自分のアドレスが必要です。

     

    このアドレスが盗まれたら完全にアウト。誰も保証をしてくれません。

     

    「通貨の送金手数料を激安にできる」といっても価値が暴落すればなんのメリットもありません。

    それに海外送金することって普通の人はほとんどありません。

     

    通貨とは国家が保証し、様々な手当てをしてくれます。

    銀行が潰れたら1、000万円までは保証するとか、カードなら不正使用されたらカード会社が保証します。

    更にカードを使うとポイントが付きます。

     

    以上、わたしなりのビットコインに対する中高年世代の方々への喚起です。

     

    しかしお金に余裕があれば、そんな得体の知れない仮想通貨に投資して良いでしょう。ハイリスク・ハイリターンですから億万長者も夢ではありません。あくまでも自己責任です。

     

    また若い世代なら冒険してみてもよいかもしれません。

     

    しかし中高年は違います。

    稼ぐ時間はそう長くはないのです。失敗したら老後の資金を失い、絶望の淵に立ちます。

    その時に挽回できる時間はもうないのです。

     

    これも前のブログ「金利ゼロの時代の現金を考える」で書きましたが、わたしは金利ゼロでも現金で持つことに、なんのためらいがありません。

     

    この夏の終わりにエアコン2台が壊れました。

    1台は居間用30年モノで当時最新型のインバータエアコンでお代は30万円。

    もう一つは子供部屋用で20年モノ、当時10万円。

    でもまだ買っていません。

     

    エアコンが売れないこの時期を待っていたからです。

    本日近所の電気屋さんに価格を調べたら2台で工事費、消費税込みで約14万円。

     

    今週の金曜日に別の電気屋さんがリニューアルオープンするので更に安く買えるかもしれません。

     

    合計金額差で40万円(20〜30年前)vs14万円(現在)。

     

    金利がゼロでも同じお金でたくさんの物、性能が良いものが買える時代なのです。

     

    中高年の方々には本ブログで何度もお話をしていますが、身の丈に合った生活と、生活のレベルを変えないために、積極的にライフスタイルを変えて、欲張らずに老後に向けて準備を始めましょう。

     

    老後を考えるなら「一発逆転でビットコイン!」などと考えないことです。

     

    最後に筆が達筆な高齢な母が最近わたしに贈ってくれた短冊の言葉をご紹介します。

     

    「気はながく、勤めは硬く色うすく 食ほそくして、心広かれ」

     

    天海大僧正のお言葉だそうです。

     

    posted by: 中高年の就活 ブログ(Powerd) | 時事の話題 | 13:57 | comments(0) | - |