Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
確定拠出年金の放置にご注意ください
0

    JUGEMテーマ:ニュース

     

    なんか厚生労働省のキャッチのようなブログタイトルですが、今からするお話は、わたしが確定拠出年金に無知なために、ひょっとしたらどえらい利益を得る機会を逃したかもしれないことの顛末です。

     

    同時に特に60歳を前に会社を辞めて、その辞めた会社で確定拠出年金をしていた方への注意喚起です。

     

    以降「えっ!そんなことも知らなかったの?」「はい、知りませんでした」というお話です。ですので確定拠出年金をしっかり処理された方にとっては笑い話です。

     

    わたしは57歳を前に退職、翌週に転職先の会社に出社。間に土日、また半年間は年休がないもので平日は働き、結果的にその間に確定拠出年金のことを完全に忘れてしまいました。

     

    わたしは退職時に確定拠出年金を「放置」状態にしておきました。あれから2年間。その間、運用はされることもなく、管理手数料が差っ引かれていたわけです。

     

    先日早期退職した友人と飲んだ時に「確定拠出年金を定期にした」と聞いて少し気になっていました。

     

    そしてネットのニュースを見ていたら「iDeCo」の文字。「なんだ、電子たばこの記事か。。」と読み過ごそうとしたら「確定拠出年金」の文字が。

     

    その記事によると転職時に「iDeCo」を活用してこれまでの「確定拠出年金」を有利に運用しましょう、といった内容でした。

     

    さてこの土日、いろいろ調べているうちに背中に冷たい汗が流れました。

     

    もし2年前に確定拠出年金(個人型)に移行していたら、アベノミクス効果で資産は確実に増えていたでしょう。

     

    確定拠出年金は簡単に言えば「投資信託」で、リスクはありますが今時点で考えるとこの先どうなるか悩みますが、過去を振り返ればずっと上昇基調で利益をたたき出しています。

     

    つまり本来得られた運用益がパーになったわけです。

     

    追い打ちをかけるように、先ほど述べた管理費が引かれるというお仕置き状態。

    はっきり言って泣けます。

     

    わたしはすでに59歳、今更ですが今口座がある証券会社に電話して「iDeCo」の詳細を聞いて、資料と申込書の送付をお願いしました(ネットでの契約はできません)。

     

    「iDeCo」は個人型確定拠出年金の別称ですが今年(2017年1月)に加入範囲が広がり、支給要件などの制度が改定されています。

     

    元々個人型確定拠出年金の積立金は「全額所得控除」、「運用益非課税」、受け取り時に「公的年金等控除」「退職所得控除」の対象です。

     

    とういうわけで慌てて今の管理会社から証券会社に移管して、「iDeCo」の「加入者」になることにしました。

     

    「加入者」とは掛け金を拠出して運用をすることです。

     

    わたしの場合、拠出できる猶予は約1年間ですが運用益期待ではなく、管理費ゼロ、「全額所得控除」、「運用益非課税」、受け取り時の「公的年金等控除」「退職所得控除」に少しでも役立つように掛け金を拠出する次第です。

     

    この土日にこの2年間放置していた家中の封書をかき集め、全部調べてみたところ、今の個人型確定拠出年金の管理会社から「iDeCo」の案内など来ていましたが、なんと!未開封のままでした。

     

    自分が悪いとは言え、なにか、ヒジョーに悶々とします。

     

    こんな悔しい思いをしないように読者のみなさん。というより個人型確定拠出年金を放置しているみなさん。

     

    是非「iDeCo」への移管をお勧めします。というかしてください!

     

    そうしないと最悪年金給付ができないなどの制約などがあります。

     

    わたしは退職時にいろいろあの手この手を考えたつもりでしたが、今回の体験はどんなに自分で調べても抜けがあることがわかりました。

    自信過剰と言えば良いのか、アホと言えば良いのか。。

     

    さて防ぐにはどうしたら良いのでしょう。

     

    まず、同じ境遇の人と情報交換をしましょう。

     

    そしてネットのニュースの「老後」「年金」「資産」などのニュースはすべて目を通しましょう。

     

    今夜は自棄酒でもして、うさをはらします。

    己の勉強不足を肴にして。

    (T_T)

    posted by: 中高年の就活 ブログ(Powerd) | 日経BP社様コラム後日譚 | 16:40 | comments(0) | - |