Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ITでわかる日本人の中高年世代以上の良識度
0

    JUGEMテーマ:ニュース

     

    先日行われた衆議院選挙の前にわたしのTwitterで「自民党圧勝、そのわけは・・」みたいなことをつぶやきました。

     

    そのつぶやきに対してたくさんのインプレッションを頂戴しました。

     

    今回、あの時にお話しできなかったその根拠というか裏話。

    そしてネットで国政に関して「老人はメディア報道に左右されやすいという」コメントは実は違うのではないのか、というお話です。

     

    今回裏話をできることになったのは、その裏話がヤフー・ヘッドライン・ニュースで配信されたからです。従いまして今回のブログではそのニュースでも触れていない裏話を中心にしたいと思います。

     

    ニュースタイトルは「全国20万人。3回の定点調査で見えていた「希望の党」の失速と自民党の圧勝。衆院選 情勢調査の裏側に迫る」です。

     

    選挙期間中、「選挙ドットコム」のWebサイト上では正確な選挙予測を報じていました。

     

    実は正確な選挙予測の裏付けになる仕掛けを提供していたのが「ルーシッド社」です。

     

    ニュースに登場するルーシッド社社長の今村さんとはかれこれ15年以来のお付き合いをしており(あの頃二人は若かった。。)、たまにお会いして、わたしのような時代遅れのITエンジニアに最新の技術をレクチャーしていただいたり、相談したりしておりました。

     

    そんなお付き合いの中で、たまたま衆議院選挙前にお伺いした時にわたしから「今度の選挙はどうでしょうかねえ」と雑談を始めました。

     

    今村さんはその時はまだ内緒の情報だったのでしょう。もやっとした謎かけめいた言葉で「与党は大勝利しますよ」と示唆してくれました。

     

    そんなことがあり衆議院選挙の前にわたしはTwitterで「自民党圧勝・・」をつぶやいたのですが、その通りになりました。

     

    わたしは今村さんの謎かけめいた話を長い付き合いから勝手に憶測し、つぶやいたのですが、それには確固たる根拠がありました。

     

    ルーシッド社が開発した「リサーチコム」システムはこれまで地方選挙で100発100中の当確の予想的中率の実績を収めています。

     

    「リサーチコム」の仕掛けはニュースに詳しく書いてありますのでここでは省きますが、記事の中で改めて2つの大きな気づきがありました。

     

    1つは「リサーチコム」は電話による統計調査システムです。技術的にはIVR(音声自動応答システム)の応用なのですが、あえて機械音声(Text to Speech)を使っていること。

    理由は吹き替え音声にすることで統計システム上応答率が悪くなる、よって機械音を使っている。

     

    そして2つめ、今回のブログのテーマ「ITでわかる日本人の中高年世代以上の良識度」の話です。

     

    記事の中でも少し書かれていますが電話調査とは固定電話を使う世帯への調査です。

    今時固定電話を使う世代は中高年以上、もしくは老人世代です。

     

    つまり今話題のTV・新聞などでは報じられないホットなニュースをネットなどで見ずに、「偏向報道」漬けになっている世代の方々に統計調査を行っているわけです。

     

    ニュース記事によると、理由は「選挙に真面目に行く世代なので」ということでした。

     

    さてここからはわたしの前のめりのコメントです。

     

    「偏向報道」漬けになっている世代への統計調査で「なぜ正確な選挙予測ができるのか?」

    不思議だと思いませんか。わたしも疑問に感じ、少し考えました。

     

    でもすぐにその理由を推測できました。結果が全てです。

     

    つまり選挙に真面目に行く世代の方々は、ご自身の判断できちんと日本の未来を案じ、憂い、この先の日本を託せる政党、候補者に投票したということに尽きると思います。

     

    TV・新聞の記事を見る、読む世代を侮ってはいけません。

    TV・新聞の記事を見る、読む世代は、物も食べるものも無い苦しい時代を過ごし、戦後復興に尽力し、今の日本の礎を作ってくださった方々です。

    ちゃんと真偽を見極めているのです。

     

    今の時代をどうすべきかを真摯な眼差しで真面目に事実を報道する記事を載せない報道機関はこれから厳しい状態になることでしょう。

     

    余談ですが、これも以前のブログでお話ししましたがルーシッド社は熊本のお水の販売代行と、販売管理システムなどのITシステムを開発・提供をしています。

     

    2016年4月14日に熊本地震が起き、熊本県を中心とした地域に甚大な被害をもたらしました。

     

    その時にルーシッド社はどういった行動をしたか。

     

    なんと電話受付の女性2名を残し、社員全員が被災地に飛び、業務委託をされている熊本のお水の製造会社と一緒に、売り物であるありったけの水の在庫を全て無償で被災地に届けました。

     

    ユンボの免許を持つ男性社員は被災地復興にボランティアで長期間現地にとどまりました。

     

    わたしはそんな話を聞き、当時ルーシッド社のオフィスに見舞いを兼ねて訪問させていただきました。

     

    閑散としたオフィスの中で、注文の電話に、丁寧にお断りの対応をする女性の姿に心打たれました。

     

    そんな企業の在り方として手本となる行動をとれるルーシッド社様にエールを込めて、今回のブログを捧げたいと思います。

     

    posted by: 中高年の就活 ブログ(Powerd) | 時事の話題 | 13:12 | comments(0) | - |