Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
今週の株価下落で火傷をしてしまった理由
0

    JUGEMテーマ:株・投資

     

    いやあ今週の株価にはマジ振り回されました。2番底を打ったと思っていたところに想定外の3番底。

    昨日の日経225先物も下げ止まらず、一時は300ドル下がり、ようやくマイナス80ドルまで回復しました。

     

    株の素人であるわたしはこれまで株投資の鉄板「トレンドに乗る」の安全策でまあまあな成績を収めてきました。

     

    これまでのトレンドは長期の上昇基調、今週は短期で極端な下落基調。

     

    わかっちゃいるけどわたしの頭の中で、よこしまな気持ちが頭をもたげ始め、現在持っている株はそのままに、ヘソクリをひっかき集めて、荒れた相場に突入してみました。

     

    突入といっても、まあ所詮ヘソクリなので大した金額ではありません。

    それと仕事をしていますので一日に何度も売り買いなどはできません。

     

    やり方は出勤の電車の中で経済関係のニュース、証券会社の情報を読んで、日経225先物、ダウ、銘柄の板、配当率、PBRを見て、素人御法度のナンピン、しかも「成り行き」で買いを入れ、昼休みに判断して、そのまま後場終了の繰り返し。

     

    FRBの煮え切らない発言やら、日銀黒田総裁の現状放置的発言やら、トランプ大統領の関税強化、円高、下がる要因ラッシュの中、毎日株価が下落し、後場が終了した時点が底だと考え、翌日に懲りずにナンピン買いを続けていたら、原資(ヘソクリ)が減り、手荒い仕打ちというか、損失という往復ビンタを毎日食らっちゃいました。

     

    株の売買をいさめる名言「落ちて来る剣はつかむな」を自らセオリー通り、見事にやってのけたわけです。わたしって偉い!

     

    日本経済のファンダメンタルズは順調です。長期で見れば上昇トレンド。

    そう思っているわたしが株の急落を根拠もなくチャンスと捉え、結果として火傷を負った次第です。

     

    元々持っていた株はポートフォリオが効いて、下げ率を最小限に食い止め、これまで積んできた利幅はもちろん下がりましたが安泰でした。

     

    しかし今回のヘソクリ運用大作戦は欲をかいて足元をすくわれ失敗に終わりました。

     

    失敗したら何事も反省が必要です。

    今回は損失に至った反省というか教訓を身に染みて得たこと。

     

    素人が荒れた市場に手を付けないこと。

    そして下がり基調にナンピン買いなどは絶対にしてはいけないこと。

     

    本などに書いてある株の世界の常識は本当なのでした。

     

    ちなみに今回は下落率の低い株でしたので幸いにも数万円、片手くらいの損失ですみました。

    また現物で2社の株式が手元に残りました。

     

    火傷はしましたが以外と治癒するのは早いのかも知れません。

     

    まもなく配当金確定の時期、2社とも高配当株。

    2社の業績は良く、移動平均線は上昇トレンド。少し期待が持てます。

     

    とまあ自分で屁理屈を並び立てて慰めている、といったところでしょうか(笑)

     

    最近、一儲けを目論んで、失敗して、ひと財産失うニュースを良く見かけます。

     

    前のブログでも触れましたが、たいがいは自分で調べない、リスクも知らず、全部金融機関への丸投げ投資です。あげくに「全財産を失ってしまった―!」と嘆く人達。

     

    大事なお金を人任せにするなど今回損失を出したわたしが言うのもはばかりますが、ちょっと考えられない話です。

     

    どこかの保険会社の昔のCMの歌詞にありましたが「よーく考えようー♪、お金は大事だよー」その通りだと思います。

     

    さて株式投資は言い換えるとある意味戦いです。戦いには武器が必要です。

    参考になるかわかりませんが、わたしの武器を紹介して今回のブログを終わります。

     

    1.楽天証券「iSPEED」

    手数料は安いし、情報は豊富、日経テレコンもタダで読めるし、投資信託の取り揃えも豊富です。楽天銀行との連携も良くて他社のアプリと比較して文句の付けようがありません。

     

    2.Yahoo!ファイナンス

    設定は必要ですが複数の証券会社のある株の状況を一目見できます。そしてポートフォリオ機能で家の株、わたしの動かさない株、流動性の高い株などをグループ化できます。

    なんといっても毎朝8時半ころに届く「今日の株式の見通し」、かなりの確率で当たります。でもこの情報を参考に指値で買いを入れてもまず買えません。世の中そんなに甘くはありません。

     

    3.myTrade

    FinTechを駆使したアプリで、面倒な取引の個別単位での損益がわかります。手数料までわかりますので株式売買をどんぶり勘定からしっかり管理に変えることができます。これがフリーだとは本当に驚きです。

     

    株式投資はほどほどに計画的に。うーむ、そこが難しい。

     

    素人は荒れたに相場に手を出さず、手を出すにしても、損失額が「高い飲み屋で数人にゴチする額くらいで済む」程度の額でやるのが順当なのでしょう。

    posted by: 中高年の就活 ブログ(Powerd) | 時事の話題 | 11:20 | comments(0) | - |