Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
青年Bさんの転職支援、結果は・・
0

    JUGEMテーマ:転職活動

     

    昨年11月に青年Bさんの転職支援をしました。Bさんは以前ブログ「Aさんの後日譚:2勝1敗1不明、上場会社に転職成功!」で紹介したAさんのお知り合いで、わたしの話を聞いて転職支援をお願いしてきました。

     

    Bさんは中堅企業で働く20歳台後半の機械設計技術者です。ある設計手法が得意で実際お会いしたところ、大変好感の持てる若者で引き受けることにしました。

     

    Bさんにキャリアを聞いたところ立派な経歴の持ち主で、また話も言葉使いも問題ありません。

     

    この人手不足なご時世、Bさんのような優秀な若者はわたしごときが支援しなくても転職できるでしょうに、と思いつつ。

     

    そんなわけで履歴書だけ支援することにしました。

     

    早速履歴書が届きました。

     

    Aさんの紹介もあって、Bさんはわたしの就活に関するブログ、日経xTECHに連載されたコラムなどを熟読していました。

     

    送られてきた履歴書ですがわたしのブログ、日経xTECHで綴ったセオリーを良く勉強していて、高いレベルでまとまっていました。一見なにもコメントをする必要がないレベルと思いきや。

     

    ところが・・

     

    よくよく読むとロジカルシンキング的思考ですがミッシー(MECE:Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive)、

    日本語で言うと「モレなくダブりなく」にかかる箇所が散見されました。

     

    まとめると以下の3点です。

     

    1.同じことを言い換えて何回か書いている

    2.「わたしはこうした」はあっても「で、そうなった」がない

    3.具体性というかリアリティ、パンチがない

     

    また細かいことですが職務経歴の概要欄・自己アピール欄の文章が、段落間の繋がり悪く、なんとなく読みにくい感じがしました。いわゆる「すわりの悪い文章」です。

     

    そこで乗りかかった船、わたしが全面的に添削しました。

    職務経歴の概要欄、自己アピール欄の骨子は本人の原文を参考に全面的に入れ替え、書き換え。記載内容に齟齬、嘘偽りが無いように気を払い修正完了。

     

    そして文章を寝かせました。不思議な事ですが「これで良し!」と思っていた文章も翌日になると間違いや、改善する箇所などに気付くものです。また修正。

     

    そして「頑張れー!」と一声かけて履歴書を渡して約1ヶ月後。師走に入って朗報が入りました。

     

    なんとAさん同様にBさんも一部上場会社への採用が決定いたしました。

     

    後日Bさんに採用プロセスを伺いました。

     

    まず転職支援会社から履歴書について「100点満点、修正する箇所は何もない」と言われたそうです。

    それと面接した会社の方々全ての人からも「大変わかり易く、良く書けていますね」と言われたそうです。

     

    あとはBさん持ち前の人柄で突破し、無事に自分の望む会社に転職できたという次第です。

     

    それと大事なことを言い忘れました。Bさんからこうも言われました。「面接が大変上手くいった」と。

     

    実はこれはとても重要なことなのです。

    面接とは採用する人物の内面を探るために様々な質問をしてきます。その質問に瞬時に、十分に、簡潔に答える必要があります。

     

    そのためにも履歴書はある重要な役割を果たします。

    それは分かり易い履歴書の文章を読んで、面接官はその内容から更に詳しいことが聴きたくなる履歴書です。

     

    Bさんの履歴書にもその仕掛けを入れました。

    わたしの想定通り面接時にいろいろ履歴書に沿った形での質疑応答が行われたそうです。

    そう、履歴書は面接の場をコントロールできる力があるのです。

     

    Bさんにはそういった主旨を事前に伝えていましたので繰り返しになりますが面接はうまく運び、無事採用に至りました。

     

    たかが履歴書、されど履歴書。履歴書を侮ってはいけません。

     

    もし読者の方で転職、就活の最中で苦戦していたら、まずすべきことは履歴書の見直しです。

    そしてわたしの就活に関するブログなどを見て、履歴書を今一度振り返り直しましょう。

     

    信じる者は救われる。

    posted by: 中高年の就活 ブログ(Powerd) | 連載:就活の進め方 | 10:08 | comments(0) | - |