Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
RPA 始めました
0

    JUGEMテーマ:コンピュータ

     

    日経BP社のコラムでも書きましたが、これまでの人生で何度「この言語さえ覚えておけば一生食える」と言われて、そのたびに何度裏切られたことか。

     

    ITの世界は過酷です。言語を覚えてもあっという間に廃れてしまうが常識の業界。

    そう思っていたのですがあることをきっかけに実は「一生食える言語」とは言えないまでも当面使える言語がありそうなことがわかりました。

     

    それは「VBA(Visual Basic for Applications)」。

    おなじみエクセルになどに仕込まれた立派な言語です。

     

    わたしはコラムで綴った大企業を辞める前に、過去最大のプロジェクトに参加していました。その時にわたしより年配のAさんが「鈴木さん、VBAを覚えると一生食えるよ」と事情はともあれ何故かわたしにVBAを仕込んでくれ、わたしも教わりました。

     

    エクセルでVBAを使うには開発環境を使えるようにして、一番簡単なのは操作をレコーディングすること。レコーディングしたマクロはVBA形式で記録されます。

     

    そのVBAを頼りに適宜VBAを修正して、正しく動くことを確認してボタンなどのオブジェクトに割り当てます。

     

    VBAの開発環境は快適でデバッグモードもしっかりしています。流石マイクロソフトです。

    Windowsは進化してもオフィスはあり続けVBAがもれなくついて回り、つまりVBAはオフィスがある限り「当面食える言語」だとうすうす感じていました。

     

    そんなわたしに契機が訪れます。

     

    ある企業の方から「送り状のシステムが変更されクラウドになった。しかしクラウドのマスター登録数が足りずに困っている。なんとかして欲しい」と検討依頼がありました。

     

    これまで忘れないようにちょこちょこVBAで遊んでいたわたしとしては驚きです。

    「その課題、VBAで解決できる!」と確信したからです。

     

    現在あるオンプレシステムのマスターデータをエクセルに出力して、IEをVBAで操作すれば課題解決です。

     

    二つ返事で「改善できます。引き受けます!」とそのお仕事を引き受けました。

    先ほど登場したAさんの仕込みが無ければ有り得ないことです。

     

    早速VBAでコーディングを始め、いろいろ調べていくうちにRPAに辿り着きました。

    あるRPAを突っ込んで調べていたらなんと手法がエクセルのVBAとほぼ同じなことがわかりました。

     

    やりたい事を整理して操作をレコーディングする。その後に記録された命令文を確認して補正する。

     

    考え方がエクセルのVBAとほぼ同じです。

     

    そんなことに気づいた時に、これまた不思議なご縁で「RPAの研究会を立ち上げたい、その座長をして欲しい」との依頼がありました。

     

    RPAはルーチンワークの削減に劇的な効果を発揮します。

    例えば注文メールをWebシステムに転記して見積書を作成する。出金伝票を仕分けして経理システムに投入する。前述の大量な送り状をワンタッチで自動化する。

     

    RPAはそんなオフィスの業務効率向上に劇的な改善をもたらします。

     

    ただしRPAシステムは手段であり、肝はどのような業務をどう自動化させるか、という自動化させるプロセスの改善を考え提案することにあります。

     

    わたしが過去に経験したアプリSE時代は、顧客の課題をヒアリングして、いかにその課題をコンピュータに肩代わりさせるかを考えて提案書にまとめ構築することを繰り返えしていました。

     

    RPAはお客様の課題をヒアリングして業務改善を考えて提案、そして適切なRPAを導入するのが基本のキです。わたしのアプリSE時代の経験を活かすことができます。

     

    わたしの悪戦苦闘時代を知っている知人からのオファー。大変嬉しく、感謝の気持ち一杯で引き受けました。

     

    まだ駆け出しですがいくつか本を購入しネットで調べ、あるRPAを使って見たところ、モチベーションが「確信が革新に」変わりました。

     

    わたしはVBAで始まり、今更ですがRPAの世界に参入します。研究会でのわたしの主な役割は現状業務に困るお客様の課題の抽出と、RPAプロセスの組み立てでしょう。

     

    これもAさんが「鈴木さん、VBAを覚えると一生食える」とわたしにVBAを仕込んでくれたおかげです。

     

    あの時、あの瞬間に「そんなこと有り得ないこと!」と一刀両断で断っていたら今回のチャンスはなかったことでしょう。

     

    今の世の中、一体何が役に立つかわかりません。わからなければとりあえずやってみることが先々の自分の将来に役立つことだと思います。

     

    余談ですが顧客の課題をヒアリングして解決を見出し、提案書にまとめることは一生使えるスキルです。今今のAIにはそんな芸当はできませんからね。

     

    先端技術のRPAシステム、レガシーの提案スキル。RPAは時代を超えたフュージョンなソリューションだと定義できます。

     

    posted by: 中高年の就活 ブログ(Powerd) | 時事の話題 | 19:25 | comments(0) | - |